2013,08,25

桜との初めての・・・ その2

桜との出会い編 その2

前回は、後ろ姿を見つけた所までを書いていましたが
その続きを書こうと思います。メモ

駅のロータリーでを見つけた私ですが、
その後lineで話しながら暑いから近くのスーパーで
会おうという話になり、の後ろをついてゆっくり車を走らせ
駐車場に入れてスーパーに入りました。



は、line電話でさーてどこに居るでしょうか?

やっぱ鬼ごっこじゃん!


あまりにも変な出会いなので、この子・・・どうしたんだろうか?
と思いつつも、桜をスーパーで探すことに・・・・。

なかなかスーパーに現れない私を
>今どこに居るの?

と煽ってくるのです。

私>今スーパーに入った所だよ!

>2Fに居るから来れば!!

私>おん!じゃあ、行くぜ

2Fで探していると後ろ姿を見つけlineで見つけたぞ!

焦って逃げる


なんだ!そんなやりとりが数十分続き
私は、その時時間稼ぎをしてていて
予期せぬ事態の発生
が少し頭をよぎり、
それはまずいそうなる前に帰った方がいいと思い始めた時
やっと20mほどの距離でと顔を見ながら話する事ができた。

もちろんline電話である。

>もう会えたんだからいいやん!
  帰ろうよ・・・。

私>えぇ!
  せっかく、顔見て話しできたからもっと近くでしゃべりたいよ

そんなこんな話してて、じゃあ1Fに行こうよって事になり
1Fでしゃべる事に・・・。

>車どこおいてきたの?
私>駐車場においてきたよ

>じゃあ、駐車場に着いていくわ!
  振り向かず、駐車場に歩いて行って!

私>おん!わかったぁ!
  といって、駐車場ついたら僕一人なんだよね
  わかってるよ。そういう古典的なwww
  そうなったらもう帰ろう。

駐車場に向いて歩き出す、私と

駐車場に着いて、私は自分の車の横にたって
車にうつる桜の姿を確認したのだった。

桜ちゃんとついてきてくれたんだ・・・。

その日は本当に猛暑であり炎天下でしゃべっていて
も暑いねぇって良いながら、
車には乗らないよってかたくなに!

私>車の中でしゃべろうよ!暑いし
>首を横に振り絶対乗らないよ

私>じゃあここでしゃべる?
>・・・・

私>やっぱ暑いから車の中でしゃべろうよ
  車結構改造してて、中見てみてよって
  エンジンをかけてロックを解除してドアを開けてどうぞって

>体だけ車の中をのぞき込む

私>どう?

>相変わらず首を横に・・・・・。

私>僕は何もに悪い事はしないし
   終わったらちゃんとここまでお送りする約束するよ!

と誠心誠意話をした。

そうすると、やっとは重い口を開き車から
絶対に降りないよって、片足づつ車の助手席にゆっくり座り込む。

車に桜が乗り込んで、座ってこちらをみてる状態で
私は、まじまじを桜をみてどうしても
桜の特徴的なほっぺをさわりたくなった。

私>ねえほっぺた触っていい?

>首を立てにふる

私>両手でのほっぺたにゆっくりふれた。

すっこいさわり心地良くて
本当にハート幸せハートlove幸せlove過ぎて
もう死んでもいいと本気で思った。



そして、私も運転席に乗ってインダッシュのナビがつけたて
エンジンをかけると、勝手にモニターが出てくるのだが
それをみて、これすごいねぇって興味紳士love



ちょっと、ドライブ行こうか!
駅周辺をドライブしようって事で
色々話ししながらドライブをした。

やっと会えたねぇ。大好きだよぉ




でも、その日の夜事件が起こり
以後lineの使用を禁止された!
詳細は、次の回で紹介!なんてこったorg

コメント

■コメント投稿










トラックバック

■トラックバックURL

この記事へのトラックバックの受付は終了しています。