2013,08,15

『実録』出会いは突然に

出会いって一体なんだろう?



そんな事を考えている毎日を悶々と過ごしている日々が続いてた。僕はある掲示板を見た。

LINEやカカオで色々友達を募集している掲示板である。

私の目にとまったのが、超タイプのかわいい童顔の子
早速その子にコンタクトを送る事にした。
そこからドラマが始まる・・・。



コンタクトをとって数分ごメッセが届いた。
どこの人?何歳?って

その子は生まれは、関東なのだがすぐに北海道に移り住み
現在も北海道で暮らしているとの事だ!

この時点では、特に恋愛感情は全くない状態である。
それは、お互いにもいえる事だと思うが
掲示板からLINEに移動して、電話でのやりとりを行う様になった。



初めて声を聞いた時、かわいい声してんじゃんにかっ

本人は自分の声をきもたんとか言ってたけど全然そんな事はなかった。

そして、色々話をするなかで1つこの子には
すごく愛が足りていない事に気がついてしまったのです。



愛が全く足りていない事、家庭環境に問題があったりリスカだったり
心の中に、どこか暗い部分があって、本人もそれを見せないように必死で隠してる。僕には、それが手に取るように分かった。

僕はリスカ否定しない。
リスカは死にたくてやっているんじゃない。
生きてる証を見つけたくてやっている。

それを止めてしまうと生きている証って分からなくなる。
最終的には、幸せになって自分からリスカを
辞めてもらえる様に誘導する。これが僕の使命だと思った。



僕は、この子に最大限の愛を注ごうと心に決めた。


コメント

■コメント投稿










トラックバック

■トラックバックURL

この記事へのトラックバックの受付は終了しています。